イノベーションコースト構想

磐農イノベ

屋内緑化⑥ 「いわき震災みらい館の施工」

こんにちは。緑地土木科です。
 特殊緑化(屋内緑化)もいよいよ最後を迎えました。
講習会で学んだことを活かして、実際に自分たちで緑化を行ってみました。
 場所は、いわき市にある「いわき震災伝承みらい館」です。
 2011年3月11日にあった東日本大震災のことを後世に伝えるための施設です。

 大型の植物や小型の植物、本物に似せた植物(フェイクグリーン)を持ち込み、ブーケやフラワーリースなどをつくって計画した場所に配置しました。

 

 フェイクグリーンやフラワーリースの組み立て、玄関に飾るための寄せ植えを準備しました。
 また、個人でも屋内緑化をできるようにガジュマルを陶器鉢に植え替えました。

                                      

                       

 昼食後に現地へ行き、計画に沿って作業を進めました。
 植物の運搬や観葉植物の剪定、灌水、装飾などを行いました。

 

・トイレにフェイクグリーンとポトスを設置

    

 

・玄関前に2か所に植物を設置

 

・学習室に観葉植物を設置

 

・展示室のピアノやエレベーター周辺に観葉植物やフェイクグリーン

 を設置

     

 

 震災についての説明に加え、展示室に植物が入ったことで来館者へリラックス効果や環境調整の効果が期待できそうです。


 今回の施工で今年度の屋内緑化は終了です。講習会をとおして、生徒の多くが新たな知識や経験を積むことができました。
 御協力いただいた館内の方々、地域の方々、保護者の方々、そして、今回の施工までご指導いただいた株式会社グリーバルの石黒様
本当にありがとうございました。

「ふくしまイノべんとう」完成発表会

 2月18日、いわき海星高校でイノべんとう完成発表会が行われました。磐農トマトや磐農タマゴなどをふんだんに使ったメニューのコンセプトや工夫・苦労したところ、お品書きや中身のイラストづくりなど、見事にプレゼンできました。マスコミの取材もたくさんあって緊張しましたが、立派にやり遂げてくれました。

 2月26日、27日に開催される「スマート農水産業・先端技術体感フェア」で予約販売の形で多くの方に提供されます。

園芸科 フルーツアートデザイン実技講習開催!

 「農産物の高付加価値生産に向けて」をテーマに、令和2年10月27日、11月10日、12月15日の3回にわたって、フルーツアートデザイン実技講習を実施しました。

 一般社団法人日本フルーツアートデザイナー協会代表の髙梨由美先生を講師にお迎えし、2学年園芸科の生徒を対象に、指導していただきました。

 「フルーツアートデザイン」は次の3つを目的に行われます。

1. フルーツの消費拡大

2. 果樹生産者ー販売取扱者ー消費者をつなぐ役割を果たす

3. 果樹の廃棄されてしまう葉や果皮も活用し、果実に付加価値を与え、B級品をワンランク上の商品に仕上げることによって、果実を無駄なく利用するとともに環境への負荷を軽減する

 そして、いよいよ実技講習です!

 1回目では「フルーツアートデザインとは」について講義していただき、ハローウィンをテーマに初めてのフルーツアートにふれました。

 2回目ではさらにフルーツアートデザインの基礎技術について学び、    

 3回目の12月はクリスマスをテーマに実技を行いました。

 実技講習では、髙梨先生のペティナイフから作り出される「フルーツアート」の世界に引き込まれ、参加した生徒はその作品に目を奪われていました。

10月27日 フルーツアートデザインの基礎技術11月10日 髙梨先生の作品例

フルーツアートデザイン実技指導

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月15日 実技講習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月15日 実技講習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスをテーマに

屋内緑化⑤ Zoomで授業!その②(令和3年1月21日緑地土木科)

こんにちは。緑地土木科です。

1月21日に特殊緑化について学習しました。

今回は、前回の講習会の続きです。

 

 生徒がどこにどのような植物を置くかを計画したものを、今回は発表しました。ちなみにですが、今回の施工の場所はいわき震災伝承みらい館です。そこで生徒がどのように植物を配置したら屋内緑化を成功させることができるかを考えました。

 ある生徒はトイレにフェイクの植物をおいたり、ある生徒はショーケースの上部に植物を置けないかと試行錯誤していました。

とても楽しんで計画をしている様子でした。

 

施行の日が楽しみです。

 

 

イノべんとう第1回試食会開催!!

 2月26日、27日の先端農林水産業フェアで提供される「イノべんとう」メニューの試食会がいわき海星高校と共同で行われました。磐城農業高校産の豊富な食材を用いた素晴らしいメニューでした。

 料理研究家で福島応援シェフの松﨑博一氏も大絶賛。何回も作り直すなど長時間を掛けた努力が報われました。本番が楽しみです。

屋内緑化④ Zoomで授業!(令和3年1月14日緑地土木科)

 こんにちは。緑地土木科です。

 1月14日にイノベーションコースト構想事業の一環で、特殊緑化について学習しました。

 今回は、コロナウイルス感染防止対策のためオンラインによる授業でした。

 

 内容は、仙台へ特殊緑化を見学行ったときに自分が「イイね!」と思った特殊緑化について説明すること、特殊緑化において大切な4つの条件の説明や壁面緑化屋上緑化屋内緑化についてさらに詳しくご指導いただきました。

 今回のオンラインでの授業はとても新鮮さがあり、生徒も楽しんで授業を受けていた様子でした。

 

 次回は実際に、いわき市内の施設の屋内緑化の計画をしていく予定です。お楽しみに!

 

ロボットテストフィールドの見学をしました!(令和3年1月13日緑地土木科1年)

 こんにちは。緑地土木科1年です。

 今回は、イノベーションコースト構想事業の一環で、南相馬市にあるロボットテストフィールドで体験学習をしました。

 

 当日は、は降っておりませんでしたが少し積もっており、寒い中の見学となりました雪雪

 現地に行ってみると、ドローンやペッパー君など最先端の機械がたくさんありました。

 生徒も驚きや興味を持って、取り組んでいるようでした。


 大きなドローンを実際に持ってみたり、ペッパー君と会話してみたり、ロボットテストフィールド内の敷地のジオラマを見たりと、初めての経験をしてきました。


 他にも本館の屋上から、無人航空機エリアや水中水上エリアなどの見学も行い、とても深い学びとなりました。

 コロナウイルスの影響によりなかなか行事ができない中、貴重な学びの場を提供していただきとても感謝しております。ありがとうございました。

 

  今後の学習に活かしていきたいと思います。

 

「イノベシンポジウムに参加してきました」(令和2年12月19日 緑地科)

 双葉町産業交流センター他で開催されたイノベシンポジウムに生徒6名が参加し、本校におけるイノベーションコースト構想人材育成事業の取り組みについて発表してきました。

 会場には加藤官房長官、内堀県知事、伊沢双葉町長も来場されていました。また、高校生だけでなく、浜通りの復興へ向けた活発な意見が産官学の識者から発表されました。

 これからの本校のイノベの取り組みを考えていく上で大変勉強になり、有意義な時間となりました。

「ドローン測量について学びました①」(令和2年12月14日 緑地科)

 緑地土土木科3年測量専攻班は、前回のドローン講習から一歩進み、ドローンを使った測量について今回も株式会社アルサ様のご協力をいただき学びました。

 学校の実習では触れる機会のない、最新機器を用いて学ぶことができ技術の進化に触れることができました。

 

「ドローン講習を実施しました④」(令和2年12月11日 緑地科)

 ドローン講習を緑地土木科3年土木施工班で実施し、楽しく真剣に学ぶことができました。

 緑地土木科3年生全員のドローン講習は今年度は終了になり、次回から測量専攻班のみの講習を受講します。株式会社アルサ様ありがとうございました。

 

屋内緑化③「都市・屋内緑化の見学を実施しました」(令和2年12月10日 緑地科)

 緑地土木科2年生緑化コース23名は株式会社グリーバルの石黒様と一緒に、都市緑化・屋内緑化の現状を学ぶために仙台市へ視察研修を実施しました。

 仙台駅スカイガーデン、新しくなった東西自由通路、ホテルメトロポリタン、電力ビル、一番町平和ビルを見学し、最新の緑化事情を学びました。

 自分たちの計画・施工へ向けて学ぶことができました。また、先生より課題をいただき次回の発表へ向けて資料を集めました。

 

 

 

屋内緑化②「植物の生育に関しての学習」を行いました(令和2年11月24日 緑地科)

 11月24日、緑地土木科2年生緑化コース生徒は、株式会社グリーバルの石黒様をお招きし、屋内緑化についての講習を受講しました。

 今回は屋内緑化に使用する植物の生育に関して知るために、照度計の使用法を学んだり、学校の花壇を利用して球根の定植を行ったりしました。

 

 

筑波実験植物園の見学(園芸科)

 12月11日(金)、園芸科2・3年バイテク専攻班は、つくば市にある「国立科学博物館 筑波実験植物園」の見学に行ってきました。筑波実験植物園には、陸上植物研究グループ、菌類・藻類研究グループ、多様性解析・保全グループがあり、17名の研究者がそれぞれの分野で研究を行っています。

 私たちは、理学博士でラン科植物を中心に研究を行っている遊川知久先生から、日本の野生ラン保護に関することや、遺伝資源の多様性に関するお話を聞くことができました。

 今回学んだラン科植物に関する知識を、バイテク専攻班の活動に役立てていきたいと思います。

スマート農業・先端技術体感フェアに参加してきました。

 11月16日(月)、富岡町で実施された「スマート農業・先端技術体感フェア」に4学科1・2年生代表生徒、農業クラブ役員、計生徒24名が見学・参加してきました。

 富岡町学びの森で行われた今回のフェアでは、講演会や事例発表などを聞くことができ、現在の農業最前線について学ぶことができました。

 また、農業経営や技術を支援する企業ブースもあり、様々な先端の農業技術について学ぶことができました。リモコンで操作する除草機械や大型の産業用ドローンの説明をいただいたり、実際にマッスルスーツを体感できたり、学校の授業ではなかなか見ること、触れることのできない学びを体験することができました。

 お弁当は、相馬農業高校がプロデュースした「ふくしまイノべんとう」を食べました。南相馬市の郷土料理である「べんけい」をアレンジしたものがたくさん入っており、とてもおいしくいただきました。

 最後に、相馬農業高校のイノベ構想の取り組みの発表を聞きましたが、同じイノベ構想に参加している農業高校としてとても参考になりました。

 今回学んだ事柄を、今後の学習に生かして行きたいと思います。

      

仙台洋ラン園の見学(園芸科)

 11月6日(金)、園芸科3年バイテク専攻班・草花専攻班16名は、仙台市若林区にある「仙台洋ラン園」の見学に行ってきました。

 仙台洋ラン園は、海外の洋ラン園と直接取引を行い、国内の大型ラン展に出展しています。園主の萱場節郎さんから、洋ラン園を始めたきっかけや、洋ランの高付加価値生産に向けた取り組みについて、話を伺うことができました。

 また、カトレアの植替え体験を行い、洋ランに関する知識や理解を深めることができました。植替えを行ったカトレアは、それぞれ家に持ち帰りました。

園芸科千葉大学柏の葉キャンパス見学研修

 園芸科2年野菜専攻班と植物バイオテクノロジー班が、千葉大学柏の葉キャンパス内の植物工場を見学しました。

 太陽光利用型植物工場と閉鎖型植物工場の最先端技術を、見学することができました。今後の実習に参考になる見学研修になりました。

生活科学科「いわきワイナリー」施設見学・実習

 11月2日(月)生活科学科2年生19名は、好間町のいわきワイナリーにおいて見学・実習を行いました。

 障がいを持つ皆様と共に作業をすることで、障がいや農福連携についての理解を深めました。

 いわきワイナリーマネージャー四家麻未様からは「障がいを個性と捉え、共生できる社会づくりに貢献してください。」とのお話を頂き、充実した時間を過ごしてきました。

 

植物工場が稼働しました。

イノベーションコースト事業による植物工場が稼働し、園芸科・生活科学科の生徒による実習が始まりました。初めて養液をつくり、トマトの苗をセルトレイからキューブに植え替えました。(二次育苗)

 

「地図と測量の科学館」を見学しました(令和2年1月30日 緑地科2年生土木コース)

 1月30日(木)、茨城県つくば市にある「地図と測量の科学館」を見学させていただきました。

 この施設は国土交通省国土地理院内にあり、測量技術の歴史を学ぶことができる施設です。体験やクイズ形式で楽しく学ぶことができました。今後の学習に役立てていきたいです。

   

「バイオガスに関する講義」を実施しました。(イノベ・食流科)

  令和2年1月16日に福島大学 共生システム理工学類の佐藤 理夫先生に来校いただき、バイオガスに関する講義として「再エネ 100%の福島を目指して ~牛の糞からエネルギー!」と題しまして、食品流通科1、2年生80名を対象にご講義いただきました。

 地球温暖化や日本のエネルギー事情、福島県の再生エネルギーの取り組み踏まえバイガスが発生する仕組みや再生エネルギーのメリット、デメリットを話しいただきました。

 参加生徒は「地球温暖化が身近な問題だったと改めて感じた」、「福島県が再生エネルギーへの取り組みが盛んなことを学ぶことができました」、「これから実施される校内での実験に活かしていきたい」などの感想を、述べていました。

 この講義を踏まえて、バイオガスに関する研究を校内でも充実させていきたいと思います。

「いわきワンダーファームの見学」を実施しました(イノベ・園芸科)

 園芸科2学年の生徒が令和元年11月28日(木)に四倉町にあるいわきワンダーファームを見学しました。
いわきワンダーファームは太陽光利用型植物工場で各種のトマトを栽培しており、ハウス内でトマト狩りができるほか、敷地内ではトマトの直売をはじめ、トマトを中心とした農産物の加工品やレストランなどの事業を展開しています。当日はトマト栽培や多角的経営、マーケッティング等についてお話を伺い、高付加価値農産物の生産について学びました。

「アグロイノベーション2019/野菜・果物ワールド展の見学」を実施しました(イノベ・園芸科)

令和元年11月21日(木)に2学年園芸科の野菜・果樹専攻班14名は、東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)で開催された「アグロイノベーション2019/野菜・果物ワールド」展を見学しました。
この展示会では、農業の最先端技術や製品が紹介され、同時開催の「草刈り・除草ワールド」「鳥獣対策・ジビエ利活用展」「アグリビジネス創出フェア」等も見学しました。会場では大学、試験場や研究所、農家や企業等によりそれぞれの先端技術や製品、農産物が展示され、参加生徒は各ブースを回って熱心に学習しました。  

「ドローンについて学びました」(令和元年11月25日・29日 緑地科)

 11月25日(月)、29日(金)の2日間、緑地土木科3年生の総合実習測量専攻生は、株式会社アルサのご協力をいただき、ドローンについて学びました。

 今回の講習ではドローン操縦における法的規制を学んだ後、タブレットを使用して自動航行プログラミングを作成しました。その後講師の方からドローンの操作方法を教わりながら、学校敷地内の測量を行い、そのデータをもとに3Dマッピングの作成方法まで学びました。
 卒業後の進路は、測量設計コンサルタントや地方公務員(土木)、測量専門学校へ希望する生徒がいるので、大変勉強になりました。

     

屋内緑化⑧「エリムの室内緑化の施工を実施しました」(令和元年12月11日 緑地科)

 12月11日(水)、緑化コースを学ぶ緑地土木科2年生は、株式会社グリーバルの石黒様をお招きし、これまでの学んできた成果のまとめとして、エリムの室内緑化の施工を実施しました。

 各グループが協力し合いながら、フロアごとに植物を設置しました。これまでの学んできたものをひとつの形とすることができ、感無量です。利用される皆さんに、喜んでもらえるとうれしいです。

                        

屋内緑化⑦「エリム室内緑化グループ発表を実施しました」(令和元年11月21日 緑地科)

 11月21日(木)、緑化コースで学ぶ緑地土木科2年生は、株式会社グリーバルの石黒様をお招きして、17日に引き続き実施計画を立てました。今回は最後に、グループごとに発表を行いました。さらに、全体計画としてのまとめ(植物の調達)を行いました。

    

屋内緑化⑥「エリムの緑化計画を立てました」(令和元年11月14日(木) 緑地科)

 11月14日(木)、緑化コースを学ぶ緑地土木科2年生は、株式会社グリーバルの石黒様をお招きして、エリムの緑化を具体的に進めるための計画を立てました。10月10日に実施した現場視察を元にして、各自、エリムの平面図や植物図鑑や写真を参考に、設置場所を計画しました。その後グループ分けをして、議論を深めました。

     

屋内緑化⑤「室内緑化のための視察を行いました」(令和元年10月10日 緑地科)

 10月10日(木)、緑化コースに学ぶ緑地土木科2年生は、株式会社グリーバルの石黒様をお招きし、今年度室内緑化を施工させていただくエリム(いわき市体験型経済教育施設)に伺いました。各自が植物をイメージして、設置場所を考えました。

 

屋内緑化④「室内緑化の実践に向けて」(令和元年9月19日 緑地科)

 9月19日(木)、緑化コースに学ぶ緑地土木科2年生は、株式会社グリーバルの石黒様より室内緑化の計画の立て方について学びました。今回は、実践に向けての基本的な考え方や植物の選択、実際の照度計を用いた計測方法につい学びました。

              

屋内緑化③「屋内緑化の構想を考えました」(令和元年8月29日 緑地科)

 8月29日(木)、緑化コースに学ぶ緑地土木科2年生は、株式会社グリーバルの石黒様をお招きして、室内緑化の考え方や設計(設置場所、植物、土壌、入れ物)、調達(植物種類、数量)、施工(方法、日時)について講義を受けました。

 今後、実際に施工していくための特殊緑化について、より実践的に深く学ぶことができました。

   

屋内緑化②「特殊緑化の実際を見学してきました」(令和元年7月16日 緑地科)

 7月16日(火)、緑化コースを学ぶ緑地土木科2年生が株式会社グリーバルの石黒様の案内で、東京にある銀座エリア最大の商業施設(ブランドショップ、レストラン)GINZASIX内の室内緑化見学と、パソナ大手町牧場(室内飼育)の屋上緑化の見学をしてきました。

 東京では特殊緑化が進んでおり、私たちの学習活動に大きな刺激となりました。

     

屋内緑化①「特殊緑化の概要について」学びました(令和元年7月11日 緑地科)

 7月11日(木)、株式会社グリーバルの石黒様をお招きし、室内緑化や屋内緑化等の「特殊緑化」について学びました。石黒様は、特殊緑化施工の世界トップレベルの方です。今回は、全国や世界の特殊(室内、壁面、屋上)緑化の最先端の現状について伺いました。

   

「パッケージデザインについて」の講習会を実施しました。(イノベ 食品流通科)

 令和元年12月10日(火)、18日(水)の2回にわたり一般社団法人Switch 代表理事の久保田 健一氏を講師に迎え、堆肥販売に向けての「パッケージデザイン講習」を行いました。

 第1回目では身近な商品デザインからデザインに必要な情報について学びました。

 デザインするにあたり、商品の特徴や商品の強みと弱みなど情報を調査し、誰に買っていただくかなどのターゲットを絞ることが大切であるとお話いただきました。

 第2回目では1回目の講義を参考に4班に分かれ、自ら考えたパッケージデザインやキャッチコピーを模造紙を使ってまとめプレゼンしました。

参加した生徒からは

「自分たちで一から考えて作りあげることはとても大変だと感じました。アドバイス頂いたことを参考にしていきたいと思います。」や

「他の班のデザインや考えに驚き、勉強になりました。」

など今後、デザインを作っていく上で重要となるデザインの作り方の基本や他者との情報共有の大切さを学ぶことができました。

 

「フルーツアートデザイン実技講習」を実施しました(イノベ・園芸科)

 10月30日(水)・11月27日(水)・12月11日(水)の3日間にわたって、日本フルーツアートデザイナー協会代表 髙梨由美先生をお招きして、フルーツアートデザイン実技講習を開催しました。フルーツカッティングの技法にアートの要素を取り入れ、ペティナイフ1本で、果物を美しく変身させました。

  

「株式会社アグリホープの見学」を実施しました(イノベ・園芸科)

 10月18日(金) 1学年園芸科生徒39名が、川部町にある株式会社アグリホープの茶豆工場を見学しました。アグリホープで生産される「かほる茶豆」は、環境制御型のLED植物工場内で苗を栽培したのち太陽光型植物工場へ移植しています。2つの大学の栽培技術協力により実現した茶豆の水耕栽培により、10月から6月の夏以外に冷凍ではない新鮮な茶豆を出荷できるのは、世界初とのことでした。

  

農福連携による施設見学・体験学習④「株式会社ヘルステクノロジー 株式会社菊池製作所」(イノベ・...

 12月11日(水)、介護基礎専攻生生徒14名が先端の介護機器について株式会社ヘルステクノロジーの和泉逸平様、株式会社菊池製作所の横山元栄様を講師にお迎えし、講義や体験実習を行いました。

 今回は、在宅高齢者の健康状態をロボット介護機器開発・導入促進事業等等について開発している企業の教育力を活用し、講義形式で学習し、介護や福祉の現場について 理解し、倫理観、広い視野を身に付けることを目的としています。

 今回の講義では、今の日本の介護状況、介護する側の大変さ、それをサポートするにはどうしたら良いのかということをとても考えさせられる内容でした。

 特に私が記憶に残っている言葉は、「社会的入院」という言葉です。しかし沢山の人が入れる施設の数、介護士の人数が全然足りていないと思います。改めて介護について深く考えることができました。

 また実習では、マッスルスーツの体験をすることができ下を向いたときにとても楽で腰への負担が少ないことがよく分かりました。またAIセンサーを体験では、寝ている間の動きや、心拍数などが分かるシステムを体験し、福祉の最先端技術をは学ぶことができました。このような機器がもっと沢山の施設に広まれば、介護者の負担も減り、楽になると思いました。

 将来は、たくさんのロボットができていると思います。自分が身に付けた知識などで、これからたくさんの人を手助けできればと思いました。

     

農福連携による施設見学・体験学習「株式会社菊池製作所見学」(イノベ・生活科学科)

 11月18日(月)介護基礎専攻生生徒11名が、飯舘村にある株式会社菊池製作所を見学させていただきました。

 今回は、実際に介護現場などで活用されている看護ロボットや介護テクノロジーについて開発している企業を見学させていただきました。実際に目で見て体験することで、介護福祉に関する知識の理解をさらに深めることを目的としています。

 福島総務課長の森岡賢治様、福島工場総括工場長の齋藤政宏様に説明していただきました。

 マッスルスーツなどの先端の福祉機器は、どのように作られているのか知ることができました。マッスルスーツは空気を入れることによって腰痛が軽減できたり、3分の2の力で支えることができたりするのでこれからの福祉の分野なくてはならないものであると感じました。

 また介護用具の開発だけでなく、カメラや携帯電話など色々な分野のものを開発していることに驚きました。細かい部分を手作業で行っており、先端技術の製造現場は機械で造られていると思っていたので意外と感じました。

    

農福連携による施設見学②「ココ・ファームワイナリー見学」(イノベ・生活科学科)

 9月17日(火)、農福連携による施設見学で、「ココ・ファームワイナリー」を見学させていただきました。介護福祉基礎専攻生2年生14名が、参加しました。

 ワイナリーなのでワインの醸造しかしていないと思っていましたが、ワインの醸造や椎茸の栽培等様々な活動をしていることを知りました。それは、利用者さんの状況に合わせた作業ができるということもあるそうです。また、大きいブドウ畑に驚きました。利用者さんの数も多く、生き生きと仕事をしている姿を見て過ごしやすい環境と感じました。

    

農福連携による施設見学①「いわきワイナリー見学」(イノベ・生活科学科)

 9月3日(火)、生活科学科の介護福祉基礎専攻生14名は、いわき市内にある「いわきワイナリー」を見学させていただきました。私たちは農福連携の学習を行っており、障がい者雇用を行っている企業を見学し利用者の方と一緒に活動を行うことで、農福連携に関する知識の理解を深めることを目的としています。

 今回私たちは、初めて訪れてワインが出来上がるまでの作業の一部をお手伝いさせていただきました。また、障がいを持った方と一緒に活動を行うこともできました。

 実際に現場で体験できたことは、今後学習する上で貴重なものでした。

              

「ロボットテストフィールド見学」を実施しました。(イノベ・緑地科)

 12月10日(火)、緑地土木科1年生39名が南相馬市にある「福島ロボットテストフィールド」を見学しました。この施設は、世界のロボット産業開発の拠点になるものとして期待されています。

 私たちはドローン操縦や施設見学など、貴重な体験をさせていただきました。

 ドローン操縦では、数分間の体験でしたが自分でコントロールできた驚きと楽しさを感じることができました。また、施設見学では、東京ドーム5個分とも言われる広大な敷地に街、工場、トンネル、滑走路など様々な施設が整備してあり驚きました。偶然、施設を用いたドローン試験の場面に遭遇し、貴重な体験を得ることもできました。

 敷地にロボットの芝刈機もあり、福島県浜通りにこのような最新の施設設備があることを見学しできたのは今後の私たちの学習活動にも、大きな刺激となりました。

   

 この施設を使って、来年度8月にロボットの世界大会が開かれるそうです。