日誌

野球部日誌

福島2020夏季高等学校野球大会 結果報告

 先日、夏の大会の代替大会である福島2020夏季高等学校野球大会が開催されました。

 本校野球部は7月24日いわきグリーンスタジアムで県立石川高校と対戦しましたが、1-11で敗戦しました。

 初回に先制した本校は、序盤、有利に戦いを進めましたが、4回に逆転を許すと、その後失点を重ねそのまま悔しい敗戦となりました。

 毎日懸命に追いかけてきた「夏の大会3勝、磐農の歴史を変える」という目標は力及ばず、達成とはなりませんでした。

 コロナウイルスの感染が拡大し、なかなか思うように練習ができない時期がありました。それでも限られた環境の中で、ひたむきに野球に打ち込む生徒の姿がありました。試合に負け、悔しさも残りますが、生徒たちはよく頑張りました。

 甲子園大会や地方大会が中止となり、生徒たちにとっては暗闇を歩くような不安な日々があったと思います。「生徒たちのため」に、このような大会が開催されましたこと、また、多くのご声援をいただいたこと、関わっていただいたすべての方々に深く感謝申し上げます。

ありがとうございました!

新チーム始動!

 新チームは1年生3人、2年生4人、マネージャー3人の10名で始動しました。新たな目標に向かい努力していきます。

 人数は少なくなりましたが、変わらぬご支援・ご声援をいただければ幸いです。

第72回秋季東北地区高等学校野球いわき支部大会 結果報告

 先日、第72回秋季東北地区高等学校野球いわき支部大会が開催されました。本校野球部は平商業高校・好間高校・四倉高校との4校連合チームとして参加してまいりました。

 初戦の相手はいわき海星高校でした。先制するも一時逆転を許しましたが、粘りの攻撃で再び逆転し、9-6で勝利することができました。

 次戦の相手は磐城桜が丘高校でした。一時5点のリードを奪いましたが、終盤逆転を許し7-8での敗戦となりました。

 次戦は、敗者トーナメントで、いわき光洋高校と対戦しました。初回先制を許すも2回に逆転しましたが、終盤、再び逆転を許し、そのまま5-9での敗戦となりまました。

 県大会まであと一歩というところでしたが、力及びませんでした。このチームで得た課題をチームに持ち帰り、練習に取り組みたいと思います。

応援ありがとうございました。

本年もありがとうございました!

 2020年もあとわずかとなりました。磐城農業高校野球部では、今年1年間の活動を終了しました。

 人数は少なくなりましたが、今年も多くの方々のご協力・ご支援いただき、チームを前に進めることができました。ありがとうございました。

 

 恩返しの意味も込めて、先日、6号バイパス沿いのごみ拾いを行いました!年末の大掃除、街も大掃除です!

 

来年も「夏1勝」に向けて、頑張っていきます。

変わらぬご支援いただければ幸いです。

ありがとうございました!

2022年 あけましておめでとうございます。

2022年 明けましておめでとうございます。いよいよ明日より2022年野球部の活動を開始します。現在部員は選手二年生2名、一年生1名。マネージャー二年生1名、一年生1名の5名。3月に卒業予定の選手は4名、マネージャー1名です。

現在のチームはまず、104回全国高等学校野球選手権福島大会に磐城農業高校単独で出場し、日本一を目指すことを目標としています。人数は少ないですが、やる気と野球への情熱はどのチームにもひけをとりません。

チームスローガンは、良い事が起きても、悪いことが起きても、常に次をベストにしようと考える『NEXT ONE(ネクスト ワン)』です。常時次への準備をおろそかにせずに、凡事徹底を心掛けて目標の実現を目指しています。

ぜひ、私たちと共に日本一を目指して活動したいと考えている中学生のみなさん、心より歓迎をしますので、グランドへ足を運んでみてください。みなさんが想像している以上の世界が待っていると思います。

 

 

 

新ユニフォームで初公式戦

夏の甲子園での熱い暑い戦いをイメージして、熱中症対策を兼ねて白を基調に農業のイメージのグリーン、太陽の赤をイメージしたユニフォームに変えました。1年生男子部員8名、女子マネージャー1名を加えて14名となり単独チームで令和4年度の公式戦に初参戦しました。

 1年生が9人中6名と、戦力的にはまだまだ未発達ですが、甲子園、「日本一」への気持ちは、聖光学院高校にも大阪桐蔭高校にも負けていません。これからの選手の成長と活躍を期待してください。

 7月9日(土)より夏選手権福島大会が始まります。応援をお願いします。