日誌

IAC部日誌

急ぎ いわきサンシャインマラソン大会ボランティア

2/11(日)は、小名浜で開催された
「いわきサンシャインマラソン」のボランティアに
参加しました。

今年も私たち磐農インターアクターは、フィニッシュエリアでの活動です。
「完走証配布係」と「チップ回収係」に別れ、ランナーの皆さんのサポートをしてきました。

午後から風が強くなり、2月の寒さが厳しかったですが、チームプレーで無事に務めを果たしました。

サンシャインマラソンのボランティアは、3年生と一緒にできる最後の活動で、
1、2年生は少し寂しげでしたが、みんないつもの元気と笑顔で活動を終えてきました。

病院 いわき市街頭献血キャンペーン

1月21日(日)はイオンいわき店にて

「はたちの献血」いわき市街頭献血キャンペーンでのボランティア活動に
本校インターアクター22名で参加してきました。


屋上入口にて


献血者が減少しがちな冬場。安定的な血液の供給のため、
新たに成人を迎えるはたちの若者を中心に広くいわきのみなさんに
献血に関する理解と協力を求めるための活動です。
保健所指導の下、献血協力の呼びかけを各フロアにて行いました。



一階入り口にて


磐農インターアクターの中には、呼びかけボランティアだけでなく、
自分も献血者として献血に協力した女子生徒もいました。


献血ちゃんと磐農インターアクター


今回の呼びかけでは86名の方に献血のご協力をいただくことができました。
これからも、献血への理解と協力のためのボランティア活動に
参加していきたいです。

病院 HUGを用いた避難所運営訓練


HUGを用いた避難所運営訓練が
1月9日、勿来工業高校において開催され、
本校インターアクター35名が研修に参加してきました。

HUG(Hinangyo Unei Game)は、避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。


     
  「体育館のレイアウト、それと校舎の立ち入り禁止の場所は・・・」
 
   

 研修者は、このゲームを通して避難者の属性を考慮しながら部屋割りを考え、また仮設トイレの配置や要援護者の生活空間の確保、子どもたちの勉強場所の確保などといった出来事に対して、自由に意見を述べかつ話し合いながらゲーム感覚で避難所の運営を学びます。


    
  「盲導犬はペットとは違うよな・・・でも犬アレルギーの人もいるし・・」

避難者カードには、年齢、性別のほか
「足腰の悪い高齢者」「車いすの人」「乳幼児」「妊婦」「外国人」など
避難者の置かれている立場や抱えている問題が書いてありました。

  
     
  「民生委員をやってる人いるよ!この人にこの地区見てもらおう」

誰にとってもに安心で安全な避難所の運営、対応について
体験的に学ぶことができました。

グループ 国際理解研修会


British Hills での国際理解研修会の様子

2017年~2018年国際ロータリー第2530地区
インターアクトクラブの国際理解研修会が、
平成29年12月17日から18日の日程で、
福島県天栄村にあるブリティッシュヒルズにおいて開催され、
本校からも2年生と3年生のインターアクター2名が参加しました。

英国伝統文化の環境において英国文化知るとともに
外国人スタッフによる体験的な英語研修を通し、
国際的な感覚を磨きました。

 
マナーハウスツアー         スヌーカールーム見学

 Suvival English Lesson


 ReffectoryでのDinner

Gel Candle making Lesson

日本にいながらまるでイギリスにいるかのような雰囲気のなか
他校のインターアクターとの深めたり、英語力を磨いたりして
有意義な研修を受けることができました。

晴れ 歩行者天国ボランティア

インターアクト部活動報告

10月9日植田町パティオどおりで開催された歩行者天国でお祭りのボランティアを行ってきました。
部員32名参加。イベントの内容は以下のとおりです。
①商店街レストラン(そばの販売)
  
②消防はしご車受付誘導


③ミニSL受付誘導
   
④植田町商店会婦人部ハミングクラブの補助
  
⑤風船作成 


学校生活では得られない、さまざまな人々との交流を通して
社会を考える一助になりました。
うえだ商店街の皆様、お世話になりました。

お辞儀 SYD「幸せの種まきキャンペーン」

インターアクト部活動報告

SYD「貧困とともに生きる子どもたち~ストリートチルドレンを通して知る国際社会」

東京のSYDから講師の先生をお招きし、上記のテーマで講演会を開催しました。
参加者はインターアクト部員と学友会の生徒約40名です。




お話をいただいた青木様のパワーポイントを用いた解説や山口様の朗読など、心に深く沁み入ることが多く、スライドを見ながら涙を流す部員もいました。

              
豊かさとは・・幸せとは・・生きるとは・・
フィリピンの子供たちの輝く瞳が問いかけてきました。

               

私たちにできることを考え、インターアクト部での活動を広げる学習の機会となりました。

にっこり 夏期合宿の様子

インターアクト部活動報告
「夏期合宿」

8月21日から22日、いわき海浜自然の家において、部員38名、
 顧問2名で合宿を行いました。合宿の様子をお伝えします。

1 目    的  
① インターアクトクラブの基本理念である「社会奉仕と
      国際理解」を実現し,自己のあり方や今後の展望を考える。

② 社会奉仕に必要な姿勢や技術を身につける

③ いわきの今を知り、内外に発信できるようにする。

④ 国際感覚や異文化理解について学び、
       多様性を受け入れる感性を養う。

⑤ 部員同士の交流を図り、親睦ときずなを深める。


2 研修テーマ   
    「未来の自分へ向かって、ステップアップ

  ~インターアクト部の理念を、ともに学び、体験しよう~」

3 研修内容 

8月21日(1日目)

 演習   「優しさと思いやりを感じよう」
  講師:勿来地区ボランティア連絡会会長 木島勇道様]
             

② 現場見学   「いわきの復興を見てみよう」

  講師: 福島県いわき建設事務所 企画調査課 齊藤洋貴様
          
 ③
 グループ活動  野外炊飯  (カレーライス、スープほか)
  

 
8月22日(2日目)

① 講   義  
 (1)「身近な国際交流」 
              いわき市国際交流協会海外交流員

  (2)「いわき市の交流都市(国内・国際)」
              いわき市役所 国際交流課職員 
  
  

② アイスブレイク  
          3年生によるアクティビティ

③ ワークショップ  
           グループによる活動の話し合いとポスターまとめ

④ 発      表
    ポスターセッション
  
 
  


優しさと思いやりをもって、輝く未来に力強く生きていって
ほしいです。
合宿お疲れ様でした。

にっこり 年次大会参加

H29 インターアクト部活動報告(4)
 

 2017-2018国際ロータリー2530地区インターアクトクラブ年次大会
 に、本校インターアクター6名で参加しました。

 8月9日~10日、磐梯青少年交流の家で行われた
 今年の大会のテーマは「自然と生きる」です。
 ホスト校は喜多方桐桜高校が務めました。

 今回のメインは、二日目の体験活動「五色沼散策」です。  

  

桧原湖側からビジターセンターまでの約3.8キロを8班に分かれて散策します。
裏磐梯エコガイドの会のガイドさんが、裏磐梯の自然や歴史などを
わかりやすく教えてくれました。

活動を通して、他校のインターアクターとも交流を深めることができました。

晴れ 中学生体験入学給水ボランティア活動

H29 インターアクト部活動報告(3)
 
 
 

 7月28日(金)に行われた中学生体験入学では
 給水と誘導補助の活動を行いました。

 中学生や引率者に冷たい麦茶や塩飴などを
 2か所に分かれて提供しました。 

  

 また、10班に分かれて見学ルートの案内・誘導をする先生方の補助として
 各隊列に2名ずつついて、引率のお手伝いをしました。

  
お知らせ

☆インターアクト部活動報告

2016~2017年度国際ロータリー第2530地区 インターアクトクラブ 

第23回 年次大会の様子について

 

 

第23回年次大会が、平成28年8月2日(火)~3日(水)の一泊二日の日程で、いわき海浜自然の家(いわき市久之浜)で開催されました。今年の大会テーマは「海洋を通して、生命と環境を考える」であり、私たち磐農インターアクト部がホストとして大会運営を担当しました。会場設営、司会進行、活動準備、片付けや展示など、顧問3名、選抜インターアクター17名が一丸となって大会を盛り上げました。 

県内のインターアクト部員89名、兵庫県のインターアクト部員17名、顧問22名、関係ロータリアン20名、合計148名で行われた今年の大会は、例年になく盛り上がりました。

参加校名:学法福島高校、喜多方桐桜高校、岩瀬農業高校、福島東稜高校、尚志高校、会津農林高校、桜の聖母高校、福島成蹊高校、いわき総合高校、仁愛高校、国際アート&デザイン専門学校、学法石川高校、会津ザベリオ高校、喜多方第一中学校、船引中学校、兵庫県立明石西高校、雲雀丘学園高校、滝川第二中学校、

ホスト校:磐城農業高校
  大会挨拶をする渡辺譲治校長先生

  部長挨拶をする 3A 高橋さん
  ロータリアン紹介をする 2D 柴田さん

  


 一つ目の講義は「小名浜港の概要と役割」について、小名浜港湾事務所の青木さんから話を聞きました、震災後、どのように小名浜港が変わってきたのか、これからどんなふうになっていくのか・・・近くで暮らしていてもわからないことがたくさんあり、とても勉強になりました。
  真剣に学ぶインターアクター


自然の家のご飯はバイキング形式で、食べ応えがあり、とても美味しく大好評でした。
  学年も男女も関係なく、仲良しの磐農インターアクター

午後のワークショップでは、いわき市環境企画課の坂本さんから「省エネで快適エコライフ」について話をきき、班に分かれて、家庭でできる省エネ・節電について考えました。

  班を代表して2D鈴木さんの発表

どんなアイディアがでたかな・・・
  兵庫県からのインターアクターもがんばってます

 自然の家の指導員の方によるアイスブレイクでは、身体を使った楽しいゲームを通して、他校生との交流を深め、友情を築きました。初めて会うのに意気投合。この後、このメンバーで炊飯活動へ・・・

   偶然男子ばかり・・自己紹介する3A関根君

  アイスブレイク活動の様子

夕方の炊き出し訓練では、カレーライス作りをしました。薪を使って火をおこし、メンバーで役割を分担しながらカレー、ご飯、わかめスープを作りました。さっき知り合ったばかりでも、緊張せずに活動できました。
  野外炊飯活動の様子

 二日目は、「アクアマリンふくしま」の見学です。海洋生物や生態系、自然環境を身近に学べる、いわき有数の学習施設(水族館)です。

 昼食後は、グループワークと発表です。「よりよい未来を築くために、生命・環境について私たちができること」というテーマに沿って、生命・環境・未来について、自分の意見を伝えたり、班員の意見を聞いたり、必要に応じてメモを取ったりしながら、一人ひとりが自覚を持ってグループ活動を行いました。
  中学生も高校生に交じって意欲的に活動しました


 閉会式では地区ロータリークラブインターアクト委員会委員長の鈴木さんから講評を頂きました。そして、来年のホスト校、喜多方桐桜高校を紹介して大会終了です。来年会津でまたお会いしましょう。
  閉会式まで無事に勤めを果たした磐農インターアクター達。



IAC活動報告
IAC(インターアクトクラブ)のこれまでの活動

421日~27日  熊本地震支援・校内募金活動  (61,312円)

54日(祝)  盲導犬ふれあい募金活動(マルト中岡店) 

55日(祝)  植田町歩行者天国ボランティア活動

511日(水) 通学路周辺の清掃活動  

65日(日)  郡山駅前における熊本支援募金活動

612日(日) 勿来ロータリークラブ公開例会ボランティア活動 (鮫川河川敷運動場、勿来市民会館)

615日(水) 福島県インターアクト部 リーダー研修会参加(郡山市)

624日 ()  アメリカ・ウィットマン高校との交流活動(本校)

626日(日) 薬物乱用防止キャンペーンボランティア活動 (イオンいわき)

722()  いわき養護学校夏まつりボランティア参加

724日(日) 献血キャンペーンボランティア参加(イオンいわき店)

728日(木) 中学生体験入学給水ボランティア活動(本校)

730日(土) いわき勿来夏まつり参加

82()-3()  福島県インターアクト部 年次大会主催(いわき海浜自然の家)

88()-10()  サマーショートボランティア活動(田人保育所・渚保育所)