日誌

家庭クラブ

針供養を行いました

生活科学科では、毎年2月に針供養を実施しています。

家庭クラブ役員より針供養の説明をした後、各クラスの代表生徒が豆腐に折れ針を刺して技術の向上を願います。

放課後、植田八幡神社で供養をしました。

役員による針供養の起源や習わしについての説明

代表生徒による針供養(2年生)

代表生徒による針供養(1年生)

植田八幡神社にて

ハート 歳末助け合い募金

 各教室に募金箱を設置し、歳末助け合い募金を実施しました。集められたお金は、本日、福島民友愛の事業団へ寄付しました。どのように使ってほしいですかとの問いに、家庭クラブ会長の蛭田寧々さんは「主に障がいのある方々の支援に使ってほしいです。」と答えました。

寄付をする蛭田会長

募金活動に協力したクラブ員代表

 

来年もよろしくお願いいたします

 家庭クラブでは、学校でお世話になっている地域の方々に、毎年年賀状を書いています。日頃の感謝を込めてクラブ員の代表が工夫を凝らしてしたためています。2021年も間もなく終わりますが、2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

楽し気な1年生

落ち着いて臨む2年生

生活科学科恒例行事「針供養」!!

 2月8日は針供養です。家庭クラブを中心に生活科学科の生徒全員で針供養をおこないました。今年度は、8日が学年末考査と重なったために、1週間遅れて実施しました。

 朝の読書の時間を活用させていただき、生活科学科の1年生と2年生のクラスでそれぞれ実施し裁縫の上達を祈念しました。家庭クラブの役員で放課後近くの八幡神社に納めに行きました。

東北ブロック高等学校家庭クラブ研究発表大会

 12月16日(木)家庭クラブ研究発表の東北大会がズームで行われました。視聴覚室で生活科学科の1年生と家庭クラブ役員が研究発表大会の様子を視聴しました。

 「同じ高校生が堂々とした発表態度で素晴らしかった。内容も大変興味深いものが多かった。」「いろいろな視点からの独自の考えで、まとめ方も大変参考になった。」という意見が寄せられました。

 ホームプロジェクトで発表した福島県の代表校が来年度の全国大会出場を果たしました。

募金活動実施

 家庭クラブでは恒例の歳末たすけあい運動の一環として、11月末から12月7日までの間、募金活動を行いました。

 いつもは昇降口などで生徒の皆さんへ募金のお願いをしますが、今回は募金缶を準備し、家庭クラブ役員が中心になり各クラスや職員室、事務室などへお置かせていただき、協力をお願いしました。

 各クラスから集まった募金は役員で集計し、約7500円を福島民友社勿来支局を通して寄付し、地域の活動に役立ててもらうこととしました。

家庭クラブ役員大活躍

 8月21日(金)に、中学生体験入学が行われました。

 生活科学科では、食物検定・保育検定の体験をしてもらいました。食物検定は3年生、保育検定は2年生の家庭クラブ役員が中心になって行いました。

 前日の準備から、最後の片づけまで、クラブ員が積極的に行動して中学生に生活科学科を知ってもらうために頑張りました。

針供養しました

 2月7日、生活科学科恒例の針供養が行われました。朝の読書を利用し、生活科学科各クラスの代表が豆腐に針を刺し、裁縫の上達を願いました。放課後家庭クラブの代表6名が植田八幡神社に行き、今年も無事供養することができました。

学校開放講座ハーブDEクッキング(生活科学科1)

 6月1(土)9時より、生活科学科の「ハーブDEクッキング!」が行われました。昨年に引き続き「色々なハーブを使った料理」としてハーブパン、スープ、サラダを作りました。
 昨年は魚料理でしたが、今年はバジルを練りこんだパンと、よもぎとあんこを練りこんだパン、新玉ねぎや押し麦を入れたスープにサラダを作りました。そこに学校で育てているミントでミントティを入れランチメニューの完成です。簡単に出来立てのパンが食べられ風味も良いと、とても好評でした。また、授業で育てたミントとバジルをお土産としてお持ち帰りいただきました。今回のこの取り組みを今後の家庭クラブの活動にも生かしていきたいと思います。

今年も針供養

今年も植田八幡神社へ針供養に行って参りました。

家庭クラブ役員の皆さん、緊張の面持ちです。

頂いたお札は被服実習室入り口に掲げ私たちを見守ってくれています。

家庭クラブ
家庭クラブの活動を報告していきます。