日誌

家庭クラブ

学校開放講座ハーブDEクッキング(生活科学科1)

 6月1(土)9時より、生活科学科の「ハーブDEクッキング!」が行われました。昨年に引き続き「色々なハーブを使った料理」としてハーブパン、スープ、サラダを作りました。
 昨年は魚料理でしたが、今年はバジルを練りこんだパンと、よもぎとあんこを練りこんだパン、新玉ねぎや押し麦を入れたスープにサラダを作りました。そこに学校で育てているミントでミントティを入れランチメニューの完成です。簡単に出来立てのパンが食べられ風味も良いと、とても好評でした。また、授業で育てたミントとバジルをお土産としてお持ち帰りいただきました。今回のこの取り組みを今後の家庭クラブの活動にも生かしていきたいと思います。

今年も針供養

今年も植田八幡神社へ針供養に行って参りました。

家庭クラブ役員の皆さん、緊張の面持ちです。

頂いたお札は被服実習室入り口に掲げ私たちを見守ってくれています。

学校開放講座(生活科学科1)

 5月19日(土)9時より、生活科学科の「ハーブDEクッキング!とれたてハーブを使って、メイン料理+デザートのワンプレートランチを作る。」が行われました。昨年に引き続き「色々なハーブを使った料理」としてワンプレートランチを作りました。

 昨年は肉料理でしたが、今年は白身魚のソテーハーブソース、サラダ(ハーブミックスドレッシング)、ハーブクッキーを作りました。スープ、パン、ハーブティを加えると立派なランチメニューの完成です。どのメニューにもハーブが用いられましたが、違和感なくどれもおいしいと、とても好評でした。今回のこの取り組みを今後の家庭クラブの活動に生かしていきたいと思います。

針供養を行いました

 2月8日に、植田町にあります「植田八幡神社」において家庭クラブ代表者3名で針供養を行いました。
 針供養とは折れた針や錆びた針を供養する行事で、それまで固い布を刺していた針をやわらかい豆腐やこんにゃくに刺し神社に納め、針に感謝し針仕事(裁縫)の上達と無事を祈る行事です。
 本校では家庭科技術検定被服製作1級取得を目指す生徒もおり、針を刺す表情も真剣そのものです。1年に1回ではありますが、このような行事のお陰で気持ちが引き締まりました。

高校生を対象とした「IH料理教室」に参加して

12月5日(火)14時30分より、東北電力株式会社 いわき営業所 電気教室内において、IH料理教室に家庭クラブ員10名が参加しました。

 IHクッキングヒータは本校調理室には1台しかないので、初体験の生徒がほとんどでした。
当日は「バジルのグリーンパスタ」「ミートローフ」「クリスピーチキン」「カップケーキ」等
ホームアドバイザー2名の方のご指導により6品を作りました。

 たとえば、ゆで卵の場合IHクッキングヒーターですと、卵にかぶらない少量のお湯で数分間で作れるなど、IHを使った簡単でエコな料理に生徒達も感心していました。
1時間程度で調理も終わり、おいしく試食させていただきました。









学校開放講座 ハーブDEクッキング

 

5月27日(土)9時より、生活科学科家庭クラブによる「ハーブDEクッキング!」が行われました。今回は「色々なハーブを使った料理」としてワンプレートランチを作りました。

 メニューは…ローズマリーとバジルを使ったチキンソテー、クレソンを入れたポテトサラダ、カモミールティを使ったゼリーです。

 どれも手軽に作ることができおいしいので、とても好評でした。ハーブの香りに包まれての活動で、楽しくおしゃべりしながら、とても和気あいあいとした雰囲気の中おしゃれなワンプレートランチが完成しました。今回のこの取り組みを今後の家庭クラブの活動に生かしていきたいと思います。

   
家庭クラブ
家庭クラブの活動を報告していきます。