イノベーションコースト構想

磐農イノベ

会議・研修 農福連携とは?(生活科学科)

障がいを持つ方が農業に関わり、そこで得た収入によって社会生活が営めるよう支援する取組みを農福連携と呼びます。

生活科学科では、障がいの有無に関わらず、一人ひとりが社会貢献できる暮らしについて学ぶために、講演会や施設見学を行っています。

今年度の第1回目の取組みは、東日本国際大学の田中みわ子教授による講演会です。「障がい者支援の実情とその課題」と題し、いわき市内における様々な活動について、分かりやすくお話しいただきました。

東日本国際大学の学生さんによる活動もご紹介下さり、講演会に参加した2年生は、興味深く、かつ真剣に耳を傾けていました。

ドローン講習会①

こんにちは、緑地土木科です。

特殊緑化と並行して、水戸市にある一般社団法人スカイガードより富岡氏、渡辺氏を講師に招いて指導していただきました。

さまざまなタイプのドローンを見せていただき、実際に操縦も体験しました。

今回は20名の参加だったため、2グループに分けて講習を受けました。

非常に楽しく、新しい技術に触れられておりとても充実した学びとなりました。

令和3年度特殊緑化⑥「講習会」

こんにちは。

緑地土木科です。

12/16(木)に株式会社グリーバルの石黒氏より講習会をしていただきました。

今回は以前(特殊緑化⑤を参照)の富岡町にある町民文化交流センター『学びの森』で計画した内容を講師より指摘をいただき、改善とさらに深掘りをしていきました。

グループワークでは熱心に活動しており、施工予定日が楽しみです。